令和元年度県民公開講座開催報告

公開日 2019年12月11日

11月16日県民公開講座を開催しました。延べ219名のご参加がありました。

第一部糖尿病医療講演会では、当院糖尿病内科森本医師から『糖尿病をよく知り、健康寿命を延ばそう』というテーマで、健康寿命を延ばすための糖尿病治療の重要性についてご講演いただきました。後半は熊本中央病院より西田健朗先生をお招きし、『突然やってきる大災害 どう備えますか?』をテーマとして、被災地となった熊本県における災害時の糖尿病患者の状況をお話し頂き、そこからどのような心づもりや準備が必要かをご講演いただきました。

第二部がん医療講演会では、当院泌尿器科福田医師より『徳島県立中央病院における泌尿器がんロボット支援手術』について、手術ビデオにて泌尿器科領域における手術ロボットでの手術内容をご講演いただきました。

特別講演では、福岡大学病院 佐藤寿彦先生をお招きし『肺がんの外科治療~最近のがん手術方法~』について講演いただきました。肺がん領域においても、ロボット支援手術が普及しつつ有り、また、マイクロチップを患部に埋め込みがんの位置をマーキングした上で、必要最小限の切除を行う治療もご紹介頂きました。

1日の長丁場でしたが、多くの方にご参加いただき、有意義な講座となりました。

 

内容

【第1部 糖尿病医療講演会『みんなで取り組む糖尿病対策』】

座長 徳島県立中央病院 糖尿病代謝内科 白神敦久

 

一般講演 『糖尿病をよく知り、健康寿命を延ばそう!』

講師 徳島県立中央病院 糖尿病代謝内科 森本 佳奈

 

特別講演『突然やってくる大災害 どう備えますか?』

講師 熊本中央病院 内分泌代謝内科 西田健朗 先

 

【第2部 がん医療講演会『がん医療の未来を担うロボット支援手術』】

座長 徳島県立中央病院 外科 医療局次長 広瀬敏幸

 

一般講演『徳島県立中央病院における泌尿器がんロボット支援手術』

講師 徳島県立中央病院 泌尿器科 福田喬太郎

 

特別講演『肺がんの外科治療~最近の肺がんの手術方法~』

福岡大学病院 呼吸器外科 佐藤寿彦先生

 

県民公開講座写真1