地域医療連携の手引き

患者紹介

(1)連携医が患者様を紹介する場合は、緊急の場合を除き、原則としてFAX受診申込書を患者支援センターヘファックス送信して下さい。

(2)患者支援センターより連携医に、予約票をファックス送信することにより、外来受診予約日時等を通知いたします。なお、入院の要否は、緊急の場合を除き、外来診療の結果によって主治医が決定し、その結果を患者様に伝えると共に、連携医に回答いたします。

(3)連携医は、紹介状(診療情報提供書)と予約票を患者様へ渡し、予約日に当該診療科で受診するようご案内ください。

(4)救急患者様の紹介等の緊急の場合には、救命救急センターヘ直接お電話下さい。

資料の持ち出し禁止

 連携医は、共同診療を行った患者様に関する診療記録等を閲覧することはできますが、これを院外に持ち出すことはできません。但し、病院長に請求し許可を得れば、これらの資料の複写の交付が受けられます。

その他

(1)本事業に基づいて病院を訪れる際は、常に連携医証を携帯し、病院職員に提示してください。

(2)申請書、FAX受診申込書等は全て患者支援センターあて提出してください。

(3)診療に必要な白衣等は、患者支援センターに用意してあります。

(4)車で来院された場合には、無料駐車券をお渡ししますので、あらかじめ病院職員まで申し出てください。

(5)その他お問い合わせ等につきましては患者支援センターまでお願いします。